慣れないM&Aのことは仲介業者に依頼してみよう

  1. Home
  2. 安心して任せられる

安心して任せられる

男女

知っておきたいメリット

会社経営をするオーナー社長の悩みに、後継者選びがあります。優秀な社長ほど人に任せることができず、次の社長を育てることをしないものです。そして自らがリタイアする時に、会社をいかに存続させるかに困ります。そこで役立つのがM&Aによる売却です。と言っても経営者が変わるだけで、会社そのものは残るのが特徴と言えます。その買い手となる会社探しをするのが仲介業者ですが、株式譲渡という形を取ることで経営権を移転することになります。そのために従業員の雇用は確保され、モチベーションを低下させることもありません。企業価値を落とさないので、高値で売却することが可能です。手続きも簡単なのでM&Aとしては最も多く利用される形と言えます。

注意が必要なこと

M&Aによって会社を存続させる場合、注意点もあります。親族でも従業員でもない外部の経営者に会社を任せるために、その企業風土を理解してもらうことが重要です。仲介業者もそれを考慮して相手企業を探す必要があります。これは、より高い金額で売却することにもつながります。企業の価値を適正に理解してもらえる相手を探さなければ評価されませんし、その後の運営も上手くいきません。そこで仲介業者選びでは、業務内容に理解できる専門知識を持つスタッフが在籍するところを探すことが必要です。またM&Aではタイミングも重要ですが、業績が下降する前に仲介を依頼することも大事です。オーナー社長としては調子の良い時は事業承継は考えないものですが、そのような時にこそ高値で売却できるわけです。