慣れないM&Aのことは仲介業者に依頼してみよう

事業拡大するために

中年男性

企業の規模を短期間で拡大したいときには、M&Aの仲介業者のサポートを受けて、手ごろな企業の株式を取得するのが理想的です。企業を買収することには顧客や人材を新たに確保できるメリットもあり、異業種への新規参入もスムーズに行えるでしょう。

仲介業者を選ぶ

握手

会社売却の特徴

オーナー社長が引退する際に、会社を売却するのもひとつの手段です。M&Aにより買い手を探すわけですが、そのためには幾つかの条件を満たす必要があります。まず売却金額を高く設定するためには、会社の価値を高めることが大事です。そのためには、社長が抜けても業務は滞りなく遂行されるようにします。つまり、業務プロセスは社内で十分に浸透し蓄積されていることが必要です。またM&Aにより会社が売却されても、従業員のモチベーションが下がらないようにすることも大切です。その上で、買い手を探すために仲介業者を探します。仲介業者は会社の規模に応じて種類が分かれます。例えば数千万円規模であれば、ウェブサイト売買を利用するだけでも十分です。けれども数十億円規模となれば、大手の投資銀行などによる仲介が必要になります。

サービス利用の利点

M&Aを行う際の仲介業者選びは、それぞれに得意とする分野を考慮することが必要です。例えば特殊な業務に携わる会社のM&Aを手掛けるとなれば、その価値を正確に把握できる専門知識が必要です。そこで専門性と情報力の高い仲介業者が必要になります。あるいは特定の業種に特化した業者が必要となるケースもあります。このように自社のケースに適する業者を選ぶことで、より高い金額で売却先を探すことができます。このような専門性の有無は、業者選びの際に担当者と面談することで把握することが可能です。少なくとも社内に会計士や弁護士などを擁していることは必要です。売却後にトラブルが発生しないように、その内容を精査できるスタッフが求められるからです。

安心して任せられる

男女

M&Aによる事業承継で大事なことは、企業価値を適切に評価できる企業を探すことです。そのためには専門知識を有するスタッフが在籍するような仲介業者を選ぶ必要があります。さらに業績が好調なタイミングで検討することも大切です。

魅力的な手段です

スーツの人

M&Aを確実にそしてスムーズに行いたいのであれば、仲介業者に依頼するのがベストの選択です。相手企業を探してくれますし、書類なども多数必要になってきます。様々な手続きを代行してくれる仲介業者をぜひ利用しましょう。